読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おすすめトランプゲーム紹介

 

www.adventar.org

こんにちは。

アドベントカレンダー記念すべき1日目を書かせてもらう、ふなとうです。

アドベントカレンダーについては現会長の去年の記事

ディジコンアドベントカレンダー、始めました - takanakahiko’s blog

を見て、どうぞ。

自己紹介

拓殖大学ディジタルコンテンツ研究愛好会、1年のふなとうです。

えふていとか、FTP*1とか名乗ることもあります。その日の気分で変えてます。

twitter:ふなとう(@shoe_bill)さん | Twitter

普段はミニゲームとか*2作ってます。

今回はテーマが"なんでも"いいということなので、

自分の趣味である、"アイマス"、"格闘ゲーム"、"アナログゲーム"の中から、

"アナログゲーム"について書こうと思います。

先に謝っておきます。
ディジタルコンテンツ研究愛好会なのにアナログゲームについて書きます。
ごめんなさい。

今回はアナログゲームの中でも"トランプ"*3について書きます。

 

なぜトランプ?

今日から12月に入り、忘年会シーズンですね。

皆で集まって鍋*4とか最高ですよね。

僕は人が集まるとトランプをしたくなるタイプの人間なので、鍋を食べ終わった後は絶好のタイミングなわけです。

そんな時におすすめの3つのトランプゲームを紹介しようと思います。

なお、今回は紹介に留めるのでルール等はGoogle先生に聞いてください。

 

1,ハーツ

人数:3~6人

所要時間:30~60分

ガチorエンジョイ*5:エンジョイ

 

簡単に書くと"ハートを沢山取らされた人の負け"というゲームです。

windowsに標準搭載されていたこともある*6ので知っている人も多いと思います。

おすすめポイント

  1. 理不尽に大量のハートを掴まされる事がある。
  2. 基本は個々の勝負だが、"シュート・ザ・ムーン"というシステムによって、協力要素もある。
  3. 初心者でもルールが理解しやすい。

パーティーゲームとしての完成度が高いので、皆でワイワイ煽りながらやると楽しいゲームです。

 

2,インディアンポーカー

人数:2~51人

所要時間:30~60分

ガチorエンジョイ:エンジョイ

 

"一番強いカードを持っていた人の勝ち。ただし自分のカードは見えない。"

 嘘を言って人を騙すのが大好きな人*7におすすめなゲームです。僕は好きです。

インディアンのような見た目が面白いのもポイント高いです。

おすすめポイント

  1. 相手を騙す要素がある。
  2. 初心者でもルールが理解しやすい。
  3. 見た目が面白い。

こちらもワイワイできるゲームです。

数が大きいほうが勝つという単純なルールなので子供でも楽しめます。

少人数でも大人数でもできますが、おすすめは"4~8人"位です。

 

3,テキサスホールデム

人数:2~8人

所要時間:60~120分

ガチorエンジョイ:ガチ

 

ちょっと特殊なポーカーです。

手札に2枚、場に5枚ある計7枚の中の5枚を使って役を作ります。

一般的な5枚の手札を配って役を作るポーカーよりも相手の役を予測しやすいので、

実力差がはっきり出ます。

ワイワイするだけじゃなくて真剣勝負がしたい人におすすめしたいゲームです。

おすすめポイント

  1. ゲームの上手さが顕著に出る。
  2. 相手を騙す要素がある。
  3. 運ゲー要素もある。

先に挙げた2つに比べてルールが少し難しい事や所要時間が長い事などが理由で、軽いゲームが好きな人にはあまりおすすめできませんが、他のゲームにはない緊張感が味わえるゲームです。

 

最後に

 3つのゲームを紹介させてもらいました。

個人的には「ハーツ」が万人受けしやすいと思います。

特に「トランプなんて大富豪(大貧民)やっときゃええやろ。」という考えの人。

是非試してみて欲しいです。

以上、"おすすめのトランプゲーム紹介"でした。

トップバッターなのにディジタルコンテンツ関係無くてすみません。

アドベントカレンダーが滞り無く終わる事を願っています。

 

 

 

*1:ファイルトランスファープロトコルではない。

*2:秋刀魚を飛ばすゲーム等、活動は多岐にわたる。

*3:大統領ではない。

*4:鍋したい。したくない?

*5:ガチ: 絶対に負けたくない人向け
エンジョイ: 楽しめればいい人向け

*6:マインスイーパーとかソリティアとかと一緒に入ってた。

*7:人を騙す喜びを知りやがって!許さんぞい!