どうぶつタワーバトルに学ぶゲームを更に面白くする3つのポイント

ディジコンアドベントカレンダー、12日目記事です。

adventar.org

はじめに

どうぶつタワーバトル(以下DTB)とは対戦相手と交互に動物を積み上げていくオンラインパズルゲームです。このDTBにハマってしまったので、このゲームがなぜ面白いのか自分なりに考えてみました。以下の3つについて書いていきます。

1, 操作技術と運
2, 短期目標の設定
3, 他人との競争要素

他にも個性的なグラフィックや素早いマッチングなどの面白さに繋がる要素が色々あるのですが、この記事では触れません。

1, 操作技術と運

DTBは勝敗を決める要素である操作技術と運のバランスが絶妙です。操作技術とはプレイヤースキルの事であり、一般的に操作技術が高いプレイヤーがレートが高いプレイヤーです。また、運とは操作技術が介入しないが勝敗に影響する要素のことです。この操作技術と運のバランスはとても重要で対戦するプレイヤー同士の間に実力に差がある場合、操作技術の比重が大きいと下手なプレイヤーは一切勝てず、運の比重が大きいと所謂”運ゲー”になってしまいます。DTBはこのバランスが素晴らしく、下手なプレイヤーでも上手いプレイヤーに勝てる”かも"しれないという絶妙なさじ加減になっています。

2, 短期目標の設定

DTBではプレイヤーは段階的に3つの目標を目指す事になります。一番大きな目標、長期目標はレートを上げる事です。プレイヤーはランキング1位を目指します。しかし、それは多くのプレイヤーにとって遠すぎる目標です。遠すぎる目標はモチベーションの低下を招きます。そこでDTBでは連続で勝った回数、連勝回数を表示することでこの問題を解決しています。これが短期目標です。この連勝回数の表示によってレートに関係なく全てのプレイヤーが飽きることなくゲームを楽しむことができます。

3, 他人との競争要素

"他人に勝つ"というのはとても気分が良いものです。それは一人プレイのみのゲームでは決して味わえない感情です。オンライン対戦をしてレートを上げていくゲームであるDTBは特にこの"他人に勝つ"を手軽に体験できるツールになっています。

終わりに

ここで書いたのはあくまで私の考えですので正確で無い部分が多くあると思います。「こういうのもあるのか」と思ってもらえると幸いです。この3つのポイントを意識してゲームを作ると更にクオリティが上がると思います。

以上、"どうぶつタワーバトルに学ぶゲームを更に面白くする3つのポイント"でした。どうぶつタワーバトル、めっちゃ面白いんで皆さんやりましょう。

いらすとや駆動開発のススメ

ディジコンアドベントカレンダー、6日目の記事です。

adventar.org

この記事の対象者

  • 雑にゲームを作りたいけどアイデアが湧かない人
  • ゲームを作りたいけど絵が描けない人

いらすとや駆動開発とは?

いらすとや駆動開発とは、いらすとやのイラストからコンテンツを作っていく考え方です。主にゲーム制作で真価を発揮します。この記事ではゲーム制作を例に説明していきます。

手順

基本は3つの手順です。これを繰り返してゲームを完成させます。

  1. かわいいフリー素材集 いらすとや を眺めて、ゲームに登場させるイラストを探します。

  2. 使うイラストを決めます。この時点でどのような動きをするのか考えておきます。

  3. イラストに対する処理を実装します。2で考えた動きの処理もこのタイミングで実装します。

最後にタイトル画面やゲームの終了条件などのゲームに必要な要素を作れば完成です。

いらすとや駆動開発のメリット

  • 自分の中に無い全く新しいアイデアが生まれる
  • グラフィックのクオリティが保障される

いらすとや駆動開発のデメリット

  • いらすとやの既視感を拭うことが難しい
  • いらすとやにあるイラストは一枚絵なのでアニメーションさせることが難しい

いらすとや駆動開発の例

Helicopter

これだけ?

これだけです。しょうもない記事ですみません。Efutei流アイデア生成術でした。

終わりに

いらすとやの記事なのにいらすとやを使っていない。-114514点

 

 

自作ゲーム "PumColle"

ディジコンアドベントカレンダー、2日目の記事です。

adventar.org

PumColleの説明

今年の秋の文化祭にてディジコンメンバーとしてこんなゲームを展示しました。

 _人人人人人人人人人_
 >Pumpkin Collection
  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄

オバケがカボチャを集めるゲームです。ハロウィンだったので。

操作方法はクリックまたはタッチのみです。簡単です。

青い炎から逃げるようにオバケが動きます。重要です。

コウモリに当たるか画面外に行くとゲームオーバーです。

最後にスコアと全国ランキングが表示されます。

見所さん

  • 圧倒的いらすとや

    いらすとや is 神

  • 9種類のかわいいカボチャ

    (点数の違いとかは)ないです。

  • 実は一枚絵じゃない背景

    これはいい話なんですが、月と星、城は全て別々のオブジェクトです。

高得点を出すコツ

この3つを意識すると :thinking_face: にならないかも

  1. 当たり判定がオバケの顔にある

    カボチャを取るのは顔です。コウモリに当たるのも顔です。

  2. 画面の中央でセーフプレイすべし

    画面端に落ちてくるカボチャはリスクが高いです。基本的には左右から来るコウモリを避ける時間を作る為に画面中央でスコアを稼ぎたいです。避けられるとは言ってない

  3. 運ゲー

    結局のところ最後は運です。
    スコアに比例してコウモリが加速するので見てから避けられないです。

遊んで

遊んでください。↓

https://efutei.github.io/PumpkinCollection/

終わりに

いらすとや is 神。最近ゲームしか作ってないです。楽しいです。

明日はマサヤスフィール君の"GASでTwitterのおみくじbotをつくった話"です。

phina.js楽しいです

phina.js、雑にゲームが作れて良さみありますね

カボチャを集めるゲームとか単位を落とさないようにするゲームとか簡単に作れました。

良さみポイントとしてはタイトル画面とリザルト画面が雑に出せるのが良いですね。

以上、今年のアドベントカレンダーの準備のおかげでこのブログの存在を思い出した人でした。

sideM2ndライブ行ってきました。

まぁ、ライブビューイングなんですが。

最高でした。

315でした。

sideMはめちゃくちゃにわかでゲームもほとんどやっていない、

315プロnightを毎週金曜に聞いているだけの自分でも楽しめました。

そして、

アニメ化!

楽しみなんじゃぁ^~

人数多いけど全員にスポットを当てて欲しいですね。

それぞれのユニット回とかやって欲しいなー。

シンデレラ劇場のアニメもあるし、ミリオンライブも...。

アニメ化っていう燃料には凄まじいパワーがありますよね。

今後が楽しみだー。

ミリオン4thも楽しみだー。

 

ブログって...

ブログって何も書くこと無いな?

ツイッターでいいじゃんってなりますよね。

ブログ始めました。

定期更新とかできる気がしないので不定期更新です。

まぁ、見る人もいないと思うので、

自分用のメモ的な使い方をしようと思います。